ブログ

2019.01.21

ナラクリBlog始めます!

はじめまして、こんにちは!近鉄奈良駅前クリニック(ナラクリ)の看護師Kです!

恐縮ながら、記念すべき第1回目のブログ更新をさせて頂くことになりました><

これから順番で、院長をはじめ、他スタッフも登場していく予定です。どうぞよろしくお願いいたします。

 

今回は、当ホームページに掲載させて頂いてる症例の経過報告をしたいと思います。

膝の痛みのページで紹介させて頂いている40歳代男性のカテーテル治療後の経過です。

こちらの患者様は当クリニックを開院して第一例目の症例でした!

カテーテル治療前は痛みのため、日常生活においてサポーターの使用が必須だったそうです><

しかし現在はサポーター無しで日常生活を送れており、新年ゴルフも痛みなくラウンドできたと大変喜ばれておりました!^^

膝の痛みに悩んでいらっしゃる方、ぜひ一度、お気軽に診察にいらしてください^^

カテーテル治療の対象となるかどうか、先生がじっくり診察致します!

ちなみに!膝の慢性疼痛カテーテルは多くの場合、足の付け根から管を入れて治療を行います。その場合、術後1~2時間はベッドで寝たまま安静にして頂く必要があります。同一姿勢のまま動けないので、患者様のご負担となってしまいます。しかし、この患者様の治療は足の甲からさせて頂いたため、術後から車いすに乗るなど身体を動かすことができました^^通常の症例に比べ、術後のストレスも軽減されたのではないかと思います!ただ、管を入れる部位については患者様それぞれの状態により決まるため、全ての患者様にできる訳ではありません>< 受診された際に先生とご相談してくださいね^^

 

慢性疼痛カテーテルは、まだまだ認知度も低く新しい治療法ですが、か月以上の痛みが長引いてる患者様に画期的な治療となりえます。

長らく痛みで悩んでいらっしゃる方、ぜひ一度診察にいらしてください!

 

さてさて、ここまでお読みくださりありがとうございました^^

インフルエンザの時期です。みなさん、体調にはくれぐれも注意してお過ごしくださいね!