内シャント・シャントPTA

内シャント手術とは

透析を行う為には、大量の血液をダイアライザーに送らなければなりません。
ですので、血液量の多い太い血管が必要がになります。そこで「シャント」と呼ばれるものを造ります。一般的には、腕時計をするあたりで、動脈と静脈をつなぎ合わせます。

 

シャントの閉塞・狭窄を解消するための新しい治療

シャント血管は、長期間使用することで閉塞や狭窄を起こすリスクを抱えています。
閉塞・狭窄が起こると、透析を中止せざるを得なくなったり、透析に時間がかかるようになり、患者様の身体的・精神的負担が増加します。その治療のため、従来ですと、シャント血管の作り直し、外科的な血栓除去により閉塞・狭窄の解消を行っておりましたが、当クリニックでは、「シャントPTA」と呼ばれる血管内治療での対応が可能です。

シャント血管の作り直しなども必要なく、短期間で、患者様のご負担も少なく受けていただける治療です。シャント血管の正常な働きを取り戻し、長期間維持します。

シャントPTAとは

シャント血管の閉塞・狭窄を解消する「シャントPTA(Percutaneous Transluminal Angioplasty)」は、正式には「経皮的血管形成術」と言います。数あるカテーテル治療のうちの1つです。
シャント血管の狭くなって箇所に、先端に風船のついたカテーテルを挿入し、風船を膨らませることで血管を拡張します。

シャントPTAの特徴

短時間で済む、簡単な処置です

治療に要する時間は30分~1時間程度です。

効果的な症状の改善が行えます。

血管の狭窄を改善し、十分な血流を確保できます。

安全性の高い処置です。

皮膚の切開が必要なく、短時間で済む処置であるため、十分な安全性が認められます。
また、再び狭窄が起こった場合でも、同じ血管に対してシャントPTAを行うことができます。

治療直後から透析が可能です。

シャントPTAを受けていただければ、その直後から透析を行うことができます。

シャントPTAを受ける際の注意点

・一度狭窄を起こしてしまったシャント静脈は、シャントPTA後、再び狭窄が起こる可能性が高くなります。
・石灰化が進んだ病変がある場合などには、シャントPTAを行えない、十分な効果が得られないことがあります。
・血管の損傷が起こる可能性がゼロではありません。
・シャントPTAは、狭窄部位以外の血管にも多少の負担をかけることになります。その結果、狭窄範囲が広がってしまうことがあります。

 

こんなときは当クリニックにご相談ください

強い狭窄が起きている可能性があります

・スリル音(「ヒューヒュー」という高い音)がきこえる
・普段はきこえなかった雑音がきこえる
・シャント音(「ザーザー」「ゴーゴー」)がきこえない/きこえる範囲が狭くなった
・シャント血管の陥没が見られる
・拍動が弱まっている
・上肢(肩関節から指先まで)の膨張
・脱血不良、クリアランスギャップの上昇、静脈圧の上昇を指摘された

血栓が生じている可能性があります

・突然の血管の痛み、赤み
・注射などで針を刺した後の血管の痛み
・上肢(肩関節から指先まで)の膨張、前腕の腫れ、手の甲全体のむくみなど
・脱血不良