治療体験談

2019.04.22

藁にもすがる思いで

こんにちは!

さわやかな風が吹き渡る季節となりました、いかがお過ごしでしょうか?(*‘∀‘)

先日、五十肩の治療を受けられた方の紹介です。

60歳代 男性です。

大学生になった18歳から弓道部に入部し、社会人になってからは転勤などのライフスタイルの変化により弓道を辞めていたそうです。

 

60歳になった頃に本格的に弓道競技に復帰されましたが・・・

2年前より弓矢を引いて押し出すと肩に違和感があったそうです。

1年前から肩にピキピキした痛みがあり。 

去年の秋頃から両肩の痛みがあり、痛みで目が覚めてしまい熟睡できない日が続きました。

腕が上がらない為、日常生活にも支障が出るようになったそうです。もちろん弓道も休んでおられました。

「ほっといたら治るかなぁ」っと思っていたのに、痛みは増すばかりでとにかく不安だったと話されていました。

 

インターネットで当院を知り、藁にもすがる思いで受診されました。

診察の際は、腕がどれだけ上がらないか、どれだけ痛くて辛いかを話してくださり、お困りになってる事がとてもよく分かりました。

両肩の五十肩と診断し、超音波の検査でも、モヤモヤ血管も多くみられました。

 

 

治療は同じ日に両肩ともカテーテル治療をする事を希望されました。

当日は、緊張もされていたと思いますが、表情は明るくリラックスされているように見えました。

両肩の治療でしたので2時間ほどかかりましたが、治療直後より痛みは大幅に改善され、さらに明るい表情をされて元気に帰られて行く姿が印象的でした。

 

1カ月後の診察では、腕が上がるようになり、痛みも改善されていました。

不安で不安で仕方なかった痛みでしたが、

夜も熟睡出来るようになり、日常での動作も不便なく過ごせるようになり、とても満足しているとの事でした。

「あまりこの治療が知られていないので、もっとみんなに知ってもらいたい!」と願っていると!!

弓道はまだされていないそうですが、痛みがなくなった事で

正しい構え、正しい動作、内面の人格が重なりあい、美しい弓を表現されることでしょう。

 

夏に向け、エンジン全開での活躍を期待しています。(*^▽^*)

 

五十肩をはじめ慢性疼痛でお困りの方々の藁とはいわず浮き輪になれるようスタッフ一同精進して参ります。