膝蓋下脂肪体炎の原因と症状と治療

膝蓋下脂肪体炎とは

膝蓋下脂肪体炎とは膝蓋骨、いわゆる膝のお皿の下にある、脂肪体に炎症が起きている状態です。
膝の前側に痛みを感じます。
変形性膝関節症と診断されることもあるようですが、変形がそれほど認められないにも関わらず、強い痛みがある場合には、膝蓋下脂肪体炎が疑われます。
他に膝の痛みの原因として、「膝蓋腱炎(ジャンパー膝)」、「大腿四頭筋腱炎」、「膝蓋大腿関節症」、「タナ障害」などが挙げられます。

モヤモヤ血管が疑われる症状

以下の症状が、3か月以上続く場合は当クリニックにご相談ください。

  • 膝関節、膝の前側の痛み、疼痛
  • 安静中、就寝中の膝の痛み
  • 膝の痛みにより満足にスポーツができない、再開を躊躇っている

膝蓋下脂肪体炎への慢性疼痛カテーテル治療

中高年以上の方、長年のスポーツによる酷使を自覚されている方にとって、「仕方ないもの」と諦めてしまいがちな膝の痛み。
しかし、関節の痛みは複合的な要因によって引き起こされることも少なくありません。3か月以上、慢性的な膝の疼痛にお悩みの方は、モヤモヤ血管の検査をお勧めします。
適応症例である、つまりモヤモヤ血管が認められる場合には、痛みの軽減・解消が期待できます。
痛みにより日常生活に不都合が生じている方だけでなく、スポーツへの復帰ができずに悩まれている方、再開と安静を繰り返している方も、一度ご相談ください。