上腕骨上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘)の原因と治療

上腕骨上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘)とは

上腕骨上顆炎テニスやゴルフのスウィング、またそれに似た動作の繰り返し、肘の酷使によって起こるのが上腕骨上顆炎です。手を捻ったり、物を持って繰り返し振ったりする動作を行っていれば、テニスやゴルフなどのスポーツでなくとも起こり得ます。
なお、テニス肘は「上腕骨外側上顆炎」、ゴルフ肘は「上腕骨内側上顆炎」に分類されます。
一般的に治療では安静やストレッチなど保存的療法が採用されますが、症状が強く現れている場合には手術を行うこともあります。

モヤモヤ血管が疑われる症状

以下の症状が、3か月以上続く場合は当クリニックにご相談ください。

  • ある特定の動作(テニス・ゴルフ・その他スポーツ・家事)を行う際の肘の外側、内側の痛み
  • 肘の痛みにより満足にスポーツができない、再開を躊躇っている

上腕骨上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘)への慢性疼痛カテーテル

治療

上腕骨上顆炎は、加齢によって腱が痛み、そこへ繰り返しの動作が加わり発症・進行するものとされていますが、はっきりとした原因は未だ分かっていません。
これまであまり注目されてこなかったモヤモヤ血管が検査により認められた場合には、慢性疼痛カテーテル治療による症状の改善が期待できます。

スポーツへの早期復帰が可能

早期復帰上腕骨上顆炎と診断された場合、一般的に、安静を言い渡されることも多いのが現状です。
慢性疼痛カテーテル治療の適応であれば、より積極的な治療が可能となります。治療の翌日から患部に負担をかけない運動に、平均して1か月後から患部を使った運動を再開していただけますので、アスリートの方にとっても、生涯スポーツを楽しむ方にとっても、筋力の低下、勘の鈍りを最小限に抑えながら、「続けられる」という喜びをサポートする治療と言えます。

テニス肘の慢性疼痛カテーテル治療の症例

40代女性

以前よりテニスを週2-3回程度嗜れるほどのテニス愛好家でしたが1年程前から右肘のテニス肘を患い、大好きなテニスを休み整形外科や接骨院など通っておられました。通院処置にて一時は改善するもののテニスを再開するとまた痛みが再燃するといった事を繰り返しておりテニスが満足に出来ない状況が続いている中、慢性疼痛カテーテル治療をお受けになられました。図のように痛みの箇所に一致してモヤモヤ血管を認め、同血管を薬剤にて塞栓したところ始めの2-3週間は痛みの改善は見られませんでしたが、それ以降徐々に改善を示し1か月後にはテニスも問題なく出来る程まで改善しました。それ以降も経時的に改善を示し半年後には完全に痛みが消失するまでにいたっております。
このように処置後時間を経て改善を示すケースも珍しくありません。またテニス肘のように大好きなテニスなどを我慢する期間(絶対安静期間)もケースによりますが他の処置と比べて比較的短くすむのも特徴的です。