膝蓋腱炎(ジャンパー膝)の手術や症状について

膝蓋腱炎(ジャンパー膝)とは

膝蓋腱炎膝蓋腱炎(ジャンパー膝)とは、主にスポーツによって過度な負担が膝にかかり、慢性的な痛みを引き起こす障害です。
大腿四頭筋腱や膝蓋腱といった膝周囲の腱に炎症が起こり、痛みを感じます。
ジャンパー膝とも言われる通り、ジャンプや着地を繰り返すスポーツ(バスケットボール、バレーボール、サッカーなど)の選手によく見られます。

モヤモヤ血管が疑われる症状

以下の症状が、3か月以上続く場合は当クリニックにご相談ください。

  • 膝の痛み、疼痛
  • 安静中、就寝中の膝の痛み
  • 膝の痛みにより満足にスポーツができない、再開を躊躇っている

膝蓋腱炎(ジャンパー膝)への慢性疼痛カテーテル治療

膝蓋腱炎に対する一般的な治療は、安静、ストレッチなどの保存的療法です。
それらで改善が見られるケースもありますが、少し痛みがひいては再開、また痛くなって安静、といったことを繰り返している方、また3か月以上慢性的な痛みが取れないという方は、一度ご相談ください。検査によりモヤモヤ血管が認められれば、慢性疼痛カテーテル治療にて良好な結果(痛みの軽減・解消)が得られる可能性があります。
また、趣味として、生涯スポーツとして、プロスポーツとして、さまざまなレベルで行われるスポーツですが、「安静からの早期復帰」はほとんどの方が望まれることです。慢性疼痛カテーテル治療では、治療翌日から患部を使わない運動、平均して治療1か月後から患部を使った運動に早期復帰していただけます。