腰の痛みや疼痛の症状と治療

こんなお悩み、ございませんか?

こんなお悩みございませんか3か月以上、以下のような症状が続く場合は、モヤモヤ血管が生じている可能性があります。

  • 腰の痛み、疼痛
  • 圧痛(指で押したときの痛み)
  • 痛みで眠れない(夜間痛)
  • 慢性的な痛みによってスポーツへの復帰が難しくなっている

腰の痛みへの慢性疼痛カテーテル治療

腰痛は、長く多くの現代人を悩ませています。ある調査では、日本国内で腰痛を抱える人は約2,800万人おり、そのうちの85%の約2,380万人の方が、検査をしても原因が分からない、いわゆる原因不明である、という報告がなされました。
慢性疼痛カテーテル治療は、この2,380万人の方々のお悩みに光を当てる治療法です。検査によりモヤモヤ血管が確認された方は、慢性疼痛カテーテル治療を検討する価値があると言えるでしょう。
今後、モヤモヤ血管やその治療への認知が進み、「原因不明」とされる慢性疼痛でお悩みの方が一人でも少なくなることが期待されています。

腰周辺の慢性疼痛カテーテル治療におけるリスク

慢性的な疼痛を軽減・解消できる可能性のある慢性疼痛カテーテル治療ですが、こと腰のモヤモヤ血管への治療は、他の部位への治療と異なる点があります。
それは、腰の背中側の中心に脊髄が通っているという点です。モヤモヤ血管が生じた場合に、脊髄に近い場所へカテーテルを通し、抗生物質により血管をつぶし、神経を死滅させることになります。その際に誤って必要な神経を傷つけ、一過性の神経麻痺に至ったケースがわずかながら報告されています。
このリスクを回避するためには、より丁寧で慎重な処置が必要とされます。当クリニックでは、十分に注意をして治療にあたっておりますが、患者様の状態や部位によってリスクが大きいと判断した場合には、腰への慢性疼痛カテーテル治療をお勧めしないこともありますので、どうかその点はご理解いただければと存じます。