四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)の原因と治療

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)とは

肩関節周囲炎俗に「四十肩」や「五十肩」と言われ、肩の痛み、こり、また肩があがらないなどの症状が現れます。
動かしたときだけでなく、夜中に眠れないほど痛む方もいらっしゃいます。
肩関節を構成する骨、軟骨、靭帯、腱が加齢により炎症を起こすことにより、痛み、可動域の制限などが起こりますが、根本的原因についてはまだはっきりと分かっていません。
四十肩、五十肩は日常生活に支障をきたすほど症状が強く現れることが珍しくありありません。放置し悪化させると、肩関節拘縮、凍結肩と言われる状態となり、治療が難しくなります。

モヤモヤ血管が疑われる症状

以下の症状が、3か月以上続く場合は当クリニックにご相談ください。

  • 肩、肩周囲の痛み
  • 運動時、安静時、就寝中の痛み
  • 肩関節の可動域のせばまり(肩があがらない等)

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)への慢性疼痛カテーテル治療

一般的に、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)は、多くのケースにおいて、運動療法、痛み止めなどの保存的療法での対応となります。
そういった治療を受けても3か月以上の慢性疼痛が残る方、また対症療法ではなくより根本的な治療をご希望の方は、モヤモヤ血管の検査を受けられることをお勧めします。
慢性疼痛カテーテル治療により、直後からの良好な結果(痛み・こりの軽減・可動域の回復)が得られることもあります。
「眠れないほどの痛み」、「頭の高さの物に手が届かない」など、日常生活に支障をきたすほどの症状が現れている場合には、QOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)を取り戻すことにもつながります。

いつの間にか痛みが消えたかな、と思っても

肩関節周囲炎は、急性期から慢性期に入る頃に痛みが軽減する傾向にあります。しかし一方で可動域は回復しておらず、つまり可動域内で動かしていることにより「治ったかな」と感じる時期でもあります。
ただ、ある調査によると、半数の方に7年後にも痛み・可動制限が残っており、そういったことを避けるためにも、より積極的な、根本的な治療が必要と言われています。