肘の痛み、テニス肘・ゴルフ肘が症状と治療

こんなお悩み、ございませんか?

こんな悩みございませんか3か月以上、以下のような症状が続く場合は、モヤモヤ血管が生じている可能性があります。

  • 肘の痛み、疼痛
  • 圧痛(指で押したときの痛み)
  • 痛みで眠れない(夜間痛)
  • 慢性的な痛みによってスポーツへの復帰が難しくなっている

肘の痛みへの慢性疼痛カテーテル治療

肘の痛みが日常生活に支障をきたしている方、またスポーツへの復帰の壁となっている方が多く見られます。
整形外科的な治療やステロイド注射を受けたにもかかわらず、慢性的な痛みが3か月以上続いている方には、モヤモヤ血管の検査を受けられることをお勧めします。
慢性疼痛カテーテル治療では、患部を使わない運動は治療翌日から、患部に負荷がかかる運動は1か月後を目安として再開していただけます。

上腕骨上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘)からのモヤモヤ血管

テニス肘上腕骨上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘)をきっかけとしてモヤモヤ血管が生じることがあります。
もちろん、テニス肘やゴルフ肘に限らず、慢性的な肘の痛みによって日常生活に支障がある、スポーツへの復帰ができずにお悩みの方もご相談いただけます。