CM関節症の症状や治療と手術について

CM関節症とは

CM関節症とはジャムの瓶の固い蓋を開けるときなど、親指のつけ根と手首の間にある関節に痛みが生じるのが「CM関節症」です。
手の使いすぎや加齢により、関節軟骨がすり減った結果で起こるものです。進行すると、関節の腫れ、関節亜脱臼、親指の変形、親指を開けない、などの症状を引き起こします。
軽度・中程度のCM関節症における一般的な治療では、CM関節の保護、固定、薬の塗布、痛み止めの内服、関節内注射などの保存的療法が行われます。
強い痛みが現れている場合、亜脱臼や変形が起きている場合などには、関節固定術、切除関節形成術などの手術が行われることもあります。

モヤモヤ血管が疑われる症状

以下の症状が、3か月以上続く場合は当クリニックにご相談ください。

  • CM関節(親指の3つ目の関節)の痛み、疼痛
  • 痛みにより親指が開けない

CM関節症への慢性疼痛カテーテル治療

一般的な治療としては、保存的療法(安静・投薬・テーピング・ステロイド注射)などが行われます。それでも症状が改善しない、また重度に進行している場合には、切除関節形成術や関節固定術といった手術が行われます。
保存的療法を受けているけれど3か月以上痛みが引かない方、また手術後に痛みが長く残っている方は、モヤモヤ血管の有無を確かめる検査を受けていただき、モヤモヤ血管が認められれば、慢性疼痛カテーテル治療にて痛みの軽減・解消が期待できます。
私たちの生活において、親指はその他の指と対になった使われることが多く、さまざまな手の動作において大切な役割を果たしています。その分、痛みによる不都合、ストレスもまた多大なものとなります。
親指のつけ根の痛みに長くお悩みの方は、お気軽にご相談ください。